シンガポール ミュージアム 日本語ガイド

タグ:ドービーゴート ( 35 ) タグの人気記事

Asia X 「熱帯綺羅」

今月発行されました情報誌Asia Xの「熱帯綺羅」というコーナーでは「最新テクノロジーを活用した シンガポールの博物館教育」が特集されています。

ミュージアム日本語ガイドグループも取材にご協力し、シンガポール国立博物館で行われたチャンギ小学校の日本語ガイドによるスクールツアーの様子や、 現在開催中の、日本のウルトラテクノロジスト集団チームラボによる常設展「Story of the Forest」も紹介されています。

ウェブにも掲載されていますので、ぜひご覧ください。

Asia X 「熱帯綺羅

[PR]

シンガポール・ビエンナーレ2016 ベネッセ賞受賞作品発表! 

先日、シンガポール美術館と株式会社ベネッセホールディングスは、シンガポール・ビエンナーレ2016の参加作家を対象とする「第11回ベネッセ賞」を発表しました。

この「ベネッセ賞」とは1995年、第46回ヴェネチア・ビエンナーレの一環として国際交流基金と福武学術文化振興財団(2012年より公益財団法人福武財団)が共催し、株式会社ベネッセコーポレーションの支援で続けられています。

発足20年の節目を迎えてアジアに拠点を移すことになり、今回のシンガポール・ビエンナーレにて実施されました。

その記念すべき栄えある受賞作品は・・・、


f0326087_10491464.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

タイのアーティスト、パナパン・ヨドマニー氏の「Aftaremath」に決まりました!

こちらの作品は、シンガポール美術館本館1Fから鏡の階段を上って左手にある、

2Fギャラリーに展示されています。


パナパンさんは1988年生まれの女性アーティストで、現在バンコクを活動拠点とされています。受賞にあたり、ベネッセアートサイト直島での作品制作の機会と賞金300万円が授与され、今後の活躍にも期待が高まります。おめでとうございます!


また、今回、アジアで初めてのベネッセ賞実施にあたり「福武總一郎特別賞」が特設され、こちらは、シンガポールのアーティスト、ズルキフリ・マハムード氏が受賞しました。


f0326087_10491989.jpg

写真提供:Singapore Art Museum

こちらの作品「SONICreflection」は、本館メインエントランスから入り左手の1Fギャラリーに展示されています。ズルキフリさんは1975年生まれの男性アーティストで、過去のシンガポールF1グランプリのトロフィーデザイナーとしても有名です。


今回のベネッセ賞のニュースはシンガポール国内でも話題となり、ローカル紙であるStraitstimes にも大きく掲載されました。(web版記事はこちら 20171月12日付113日付ベネッセ賞がアジアに拠点を移したことにより、アジアの現代アートがますます活発化し、注目されることでしょう。


シンガポール・ビエンナーレでは、このほかにもたくさんの魅力的な作品に出会えます。

会期は残すところあと1ヶ月ほどとなりました。

みなさまのお越しを心よりお待ちしています!


シンガポール美術館では月曜日〜金曜日の毎日10:30、第3土曜日13:30

シンガポール・ビエンナーレ日本語ガイドを行なっております。

詳しくは「コチラ


[PR]

新年のご挨拶

f0326087_02423336.jpg

新年あけましておめでとうございます。

建国50周年を祝ったおととしに続き、昨年は日本・シンガポール外交関係樹立50年という記念の年でした。今まで築かれてきたシンガポールと日本の友好関係を振り返るとともに、両国の深いつながりを強く感じる機会となりました。

わたくしたちミュージアム日本語ガイドグループでは昨年4つのミュージアムで延べ6800名以上のお客様をご案内いたしました。ガイドメンバー一同、日本人の皆様にシンガポール、そして東南アジアをより深く理解するお手伝いができたらと考えております。縁あってシンガポールを訪れ、滞在される皆様、ぜひミュージアムへお運びください。様々な背景を持つ人々が集まり暮らすシンガポールでのご滞在がますます実り多いものになることと思います。

本年もメンバー一同、ご来館くださる皆様のミュージアムご滞在がよりよいものになるよう、お手伝いさせていただくことを楽しみにしております。なお、新年は14()よりガイドを開始いたします。皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。


[PR]
by jd_museumguide | 2017-01-01 06:00 | ご挨拶

シンガポールビエンナーレ2016は、現代アートのテーマパーク!

皆さまはもう、シンガポールビエンナーレ2016を体験されましたか?58点もの現代アートがこのシンガポール美術館と別館8Qにひしめいています。日本語のタイトルは、「鏡の中のアジア」。現代アートを頼りに「鏡の中のアジア」の旅を楽しみに来てください。でも、なぜ「鏡の中のアジア」なの?それは日本語ガイドの時間にお話しますね。

f0326087_00381252.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

↑「さて、こちらがシンガポール美術館、通称SAMです。」と言わんばかりのこの指もビエンナーレの作品です。「昔々からここには巨大な彫像が埋もれている…。」と言うこの作品にまつわる物語とともに作品をお楽しみください。ここは記念撮影のベストスポット。ちょっと芝生に入っても大丈夫ですので、このアングルでお写真はいかがですか?

建物の中に入るどの壁にもどの部屋にも作品がぎっしり。螺旋階段は、行武治美の「パラコスモス」。様々な表情を映し出すこの作品は面白い写真がたくさん撮れます。

f0326087_00381282.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

↑2階に上がると恐竜の化石が!と思いきや、こちらは神話をもとに制作されたTan Zi Haoの作品です。一体、どんな生き物、どんな神話なのでしょう。この作品の前にあるチャペルに展示されているDeng Guoyuanの作品に入ると万華鏡に飛び込んだような体験ができます。こちらはムービーでの撮影が楽しいです。

f0326087_00381332.jpg

写真提供:Singapore Art Museum

↑同じく2階フロントギャラリーにあるQiu Zhijieの作品は、今回ベネッセ財団により新設された「ベネッセ賞」にノミネートされている5点の中の1点です。大きな展示室一杯に墨絵で描かれた地図は、アーテイストが本屋さんを渡り歩いて探し出した様々な地図をもとに表現されています。この地図はそれぞれにテーマがあり、「sea of …」という形で描かれています。墨絵の濃淡、筆使いの美しさを楽しみながら、それぞれの地図の意味を解読してみてください。更に床に目を落とすと、なんと32点もの美しい吹きガラスでできた空想上の生き物たちが島の上に乗っています。先程の化石の作品の生き物もいますよ。マーライオンもいるので見つけてみてください。

f0326087_00381165.jpg
写真提供:Singapore Ar Museum

2階バックギャラリーでは、暗闇の中で金色に輝く亡霊たちにドッキリ。この作品はあるものに金メッキを施して制作されています。この材料が作品を紐解く鍵。この作品に込められたアーティストTitarubiのメッセージとは?

f0326087_00381160.jpg

写真提供:Singapore Art Museum

3階に上がるとそこはモノトーンの静かな世界。シンガポールのアーティスト、Han Sai Por は30年間に渡り、保護されずに急速に変化し続ける東南アジアの自然環境を作品に表現し続けています。

この様に今回のビエンナーレは現代アートたちが私たちに色々な体験をさせてくれます。作品やアーティストについてより理解を深めることによって感動もより大きくなりますので、ぜひ日本語ガイドにご参加ください。お待ちしております。

ビエンナーレでは、1225日(日)11001800にクリスマスイベント、129日(日)11001800にチャイニーズニューイヤーのイベントがございます。ビエンナーレの入場チケットがあれば参加できますので、是非、ご家族やお友達とお楽しみください。

詳しくはこちら https://www.singaporebiennale.org/sb2016-celebrates.php


【展示概要】

シンガポール美術館及び別館8Q

1027日(木)~226日(日)10001900 金曜日のみ2100まで開館。

入場料:大人20ドル、学生、シニア10ドル、6歳以下無料。

    この入場料に+3ドルで3日間入場券が購入できます。 詳しくはこちら

日本語ガイド:月曜日~金曜日1030~ 第3土曜日1330


[PR]

『大英博物館 世界の至宝展』 12月5日より開催!

世界中の人類の文化遺産800万点以上の収蔵品を誇り、世界最古の国立博物館であるイギリス・ロンドンの大英博物館。


f0326087_10271159.jpg

© 2015 the Trustees of the British Museum


タイタニック号を沈めたと濡れ衣を着せられた「不幸のミイラ」、古代メソポタミアの墓から発掘された金の宝飾品、約80万年前の握り斧等、古代から現代、アフリカ、オセアニア、中東、ヨーロッパ、アジア、アメリカからの至宝200点以上がこのシンガポールで公開されます。


常設展だけでも一日では回り切れないと言われる大英博物館の至宝に巡り合える、絶好の機会です。

お見逃しなく!


日本語ガイドも1214(月)より開始します!


Treasures of the World from The British Museum

大英博物館 世界の至宝展


<シンガポール国立博物館>

開催期間:2015125日(土)~2016529日(日)

開館時間:10:0019:00

入場料(シンガポール国民、PR以外):

大人 20ドル、学生16ドル、子ども(6歳以下)無料

ヒストリー・ギャラリー(常設展)との共通チケット 大人25ドル

その他各種割引あり。

http://nationalmuseum.sg/exhibitions/exhibition-list/treasures-of-the-world



日本語ガイド:月曜~土曜 13:00~ (無料) 

集合場所: 地下1階 特別展ギャラリー入口付近

1214()よりガイド開始。

ただし、冬休み期間(1219日~201613日)及び旧正月(28日、9日)はガイドをお休みします。予めご了承下さい。


[PR]

Time of Others 他人の時間

東京都現代美術館から大阪の国立国際美術館を巡回し、Time of Others」という展覧会がシンガポール美術館にやって来ました。


f0326087_22375755.jpg


東京都現代美術館、国立国際美術館、シンガポール美術館、クイーンズランド州立美術館・現代美術館の4名のキュレーターの共同企画です。


会場ごとに出品内容を少しずつ変えながら、各館のコレクションを含めたアジア・オセアニア地域のアーティスト17名を通して、他人の時間に向き合う手がかりとなる作品を紹介します。


f0326087_23090605.png



情報や人が早く移動できるようになり、遠く離れたものとの繋がりを感じる一方で、同じ時間を過ごしながらも、自分とは関係ない・自分とは異なる「他者」への無関心が強くなる現代において、



f0326087_22400243.jpg


自分と他者の間には、いったい何が存在しているのか?

何がつながりを生み、逆に隔たらせているのは何か?


f0326087_22403748.jpg

f0326087_22413395.png


日本人アーティストの作品も必見。


f0326087_22593519.jpg


このカーテンの奥では何が見えるでしょうか?

中は真っ暗、足元に気をつけてください。


f0326087_23131047.jpg


Time of Others

21November 2015 - 28 February 2016


f0326087_22425458.jpg


Singapore Art MuseumSAM)>

71 BrasBasah Road, Singapore 189555

月~日曜:10am – 7pm(最終入場6.15pm

金曜のみ:10am - 9pm6pm - 9pmは入場無料)



[PR]

「グレイト・プラナカン-50人の偉人たち」日本語ガイドのお知らせ

現在、プラナカン博物館では特別展「グレイト・プラナカン-50人の偉人たち」が開催されています。

展示されている50人のプラナカンの中から、20世紀初期に活躍した方をご紹介いたします。


Yi shun 義順」というMRTの駅をご存知でしょうか。

この駅の名前は林義順(リム・ニ―スン)というプラナカンの方にちなんでつけられました。



f0326087_18502922.jpeg



20世紀初め、ゴムとパイナップルの会社経営で成功した彼は「パイナップル王」と呼ばれましたが、彼には成功したビジネスマンというだけでなく、別の一面もありました。


実は、辛亥革命で有名な「革命の父」、孫文を支援する中国革命の熱心な支持者でもあったのです。


f0326087_18455151.jpeg


こちらの建物はバレスチア通り近くにある晩晴園:孫中山南洋記念館です。


現在、孫文に関する博物館となっていますが、もともとはリム・ニ―スンの叔父が所有するお屋敷で、孫文も度々訪れ、彼を支援する組織の中心となった場所でした。


シンガポールのプラナカンと革命の父・孫文、意外なつながりがあったのですね。

今回の特別展では孫文に関連する展示品も紹介されています。


50人のプラナカンから、シンガポールの歴史をたどってみませんか。


私たちミュージアム日本語ガイドグループでは、この特別展の日本語ガイドを行っています。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。


<プラナカン博物館 >

39 Armenian Street,179941

特別展日本語ガイドツアー

毎週水曜・毎月第3土曜 1300より

*展示期間:201643日まで

(通常展日本語ガイド:毎週火~金 1030より)


[PR]

いろは幼稚園のお母様方がプラナカン博物館に来て下さいました!

1013日、いろは幼稚園に通う園児のお母様方がプラナカン博物館の見学にいらして下さいました。


このご訪問は、幼稚園の先生がご父兄向けに企画されたものです。


先生は、シンガポールについて理解を深めることで、園児のご家族の海外生活がより豊かになるとお考えになり、博物館巡りを始められたそうです。


f0326087_11310119.jpeg


皆さん熱心にガイドの説明に耳を傾けて下さいました。

常設展示のご案内に加え、現在行われている特別展「グレイト・プラナカン」の簡単なご紹介もさせていただきました。



f0326087_11304836.jpeg



ご見学後、先生より感想を寄せていただきました。


「女性好みの素敵な色使いの食器から、美しい刺繍、繊細な細工が施されている宝飾も、それぞれ意味のあるデザインであること、東西交易が融合されて生まれた美意識などを垣間見ることができました。


また、縁起をかつぐ風習や人々の幸せや願いを込めた品も多く、いつの時代も親が子に思う思いは同じものであると思いました。


何百年も前からグローバル社会を育み、独自の生活スタイルを築いてきたプラナカンの寛容さやたくましさは学ぶべきところがあると感じた1時間でした。


丁寧かつ知識豊かな説明をしてくださった日本語ガイドの方々のおかげで、有意義な時間を過ごすことができました。」



先生、お母様方、ご訪問ありがとうございました。ぜひ次回はご家族で博物館にいらしてください!


[PR]

5 Stars:アートで映し出すシンガポール国旗の5つの星

シンガポールの国旗のデザインをご存知ですか?


f0326087_16485718.jpg


赤と白の横2色に三日月と5つの星からなります。

2015年の建国50周年を記念し、シンガポール国旗の「5つの星=5つの理想」をテーマにした展示がシンガポール美術館で開催中です。


f0326087_16502361.jpg

5 Stars:Art Reflects on Peace, Justice, Equality, Democracy and Progress

5 Stars: アートで映し出すシンガポール国旗の5つの星)

展示期間: 開催中~201652日まで


シンガポールを代表する5名のアーティストらにより、形のない平和、正義、平等、民主主義、進歩という5つの理想がユニークな芸術表現で目に見える作品となり展示されています。


f0326087_16514645.jpg


展示の一つ一つがシンガポールの多種多様で複雑なアイデンティティと重なり合い、5つの星の価値と今日持つ意味、それらがどのように未来を創造し続けるのか?を問いかける展示となっています。


f0326087_16530866.jpg



ガイドメンバーで実際にギャラリーを巡りながら、作品やアーティストにつて理解を深め、ご案内するポイントなどを話し合いながらガイドの準備をしています。

f0326087_16541041.jpg


Singapore Art MuseumSAM)>

71 BrasBasah Road, Singapore 189555

月~日曜:10am – 7pm(最終入場6.15pm

金曜のみ:10am - 9pm6pm - 9pmは入場無料)


[PR]

シンガポール国立博物館の通常ガイド再開します!

8月よりお休みしておりました通常ガイドは105()より再開します!


通常ガイド: 月~金 午前10時半~、 第一土曜 午後1時半~

(チケットご購入後、建物正面入口のミーティングポイント付近でお待ちください。


シンガポール・ヒストリー・ギャラリーは映像や音声を駆使して迫力、臨場感溢れる展示空間に生まれ変わりました。

大きく4つに分かれた時代ごとのゾーンでシンガポールの歴史をみていきます。


f0326087_18410290.jpg

Image: © NationalMuseum of Singapore

シンガポール、いつから歴史は始まるの?



f0326087_18430908.jpg

Image: © NationalMuseum of Singapore

イギリス植民地時代へタイムスリップ!



f0326087_18443774.jpg

Image: © NationalMuseum of Singapore

第二次世界大戦中のシンガポールと日本について知る貴重な場。



f0326087_18452909.jpg

Image: © NationalMuseum of Singapore

独立後50年の道のりもしっかり確認。現代シンガポールはなぜ平和で豊かで、そして緑に溢れているの?



通常ガイドでは波乱万丈のシンガポールを約1時間でご案内します。

この国の歴史を知って、魅力を再発見しませんか?


たくさんのお客様のご来場を心よりお待ちしております。


<シンガポール国立博物館>

http://nationalmuseum.sg/

93 StamfordRoad, Singapore 178897 

開館時間:毎日午前10時~午後7時(最終受付午後6時半)


[PR]