シンガポール ミュージアム 日本語ガイド

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シンガポールビエンナーレ2016は、現代アートのテーマパーク!

皆さまはもう、シンガポールビエンナーレ2016を体験されましたか?58点もの現代アートがこのシンガポール美術館と別館8Qにひしめいています。日本語のタイトルは、「鏡の中のアジア」。現代アートを頼りに「鏡の中のアジア」の旅を楽しみに来てください。でも、なぜ「鏡の中のアジア」なの?それは日本語ガイドの時間にお話しますね。

f0326087_00381252.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

↑「さて、こちらがシンガポール美術館、通称SAMです。」と言わんばかりのこの指もビエンナーレの作品です。「昔々からここには巨大な彫像が埋もれている…。」と言うこの作品にまつわる物語とともに作品をお楽しみください。ここは記念撮影のベストスポット。ちょっと芝生に入っても大丈夫ですので、このアングルでお写真はいかがですか?

建物の中に入るどの壁にもどの部屋にも作品がぎっしり。螺旋階段は、行武治美の「パラコスモス」。様々な表情を映し出すこの作品は面白い写真がたくさん撮れます。

f0326087_00381282.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

↑2階に上がると恐竜の化石が!と思いきや、こちらは神話をもとに制作されたTan Zi Haoの作品です。一体、どんな生き物、どんな神話なのでしょう。この作品の前にあるチャペルに展示されているDeng Guoyuanの作品に入ると万華鏡に飛び込んだような体験ができます。こちらはムービーでの撮影が楽しいです。

f0326087_00381332.jpg

写真提供:Singapore Art Museum

↑同じく2階フロントギャラリーにあるQiu Zhijieの作品は、今回ベネッセ財団により新設された「ベネッセ賞」にノミネートされている5点の中の1点です。大きな展示室一杯に墨絵で描かれた地図は、アーテイストが本屋さんを渡り歩いて探し出した様々な地図をもとに表現されています。この地図はそれぞれにテーマがあり、「sea of …」という形で描かれています。墨絵の濃淡、筆使いの美しさを楽しみながら、それぞれの地図の意味を解読してみてください。更に床に目を落とすと、なんと32点もの美しい吹きガラスでできた空想上の生き物たちが島の上に乗っています。先程の化石の作品の生き物もいますよ。マーライオンもいるので見つけてみてください。

f0326087_00381165.jpg
写真提供:Singapore Ar Museum

2階バックギャラリーでは、暗闇の中で金色に輝く亡霊たちにドッキリ。この作品はあるものに金メッキを施して制作されています。この材料が作品を紐解く鍵。この作品に込められたアーティストTitarubiのメッセージとは?

f0326087_00381160.jpg

写真提供:Singapore Art Museum

3階に上がるとそこはモノトーンの静かな世界。シンガポールのアーティスト、Han Sai Por は30年間に渡り、保護されずに急速に変化し続ける東南アジアの自然環境を作品に表現し続けています。

この様に今回のビエンナーレは現代アートたちが私たちに色々な体験をさせてくれます。作品やアーティストについてより理解を深めることによって感動もより大きくなりますので、ぜひ日本語ガイドにご参加ください。お待ちしております。

ビエンナーレでは、1225日(日)11001800にクリスマスイベント、129日(日)11001800にチャイニーズニューイヤーのイベントがございます。ビエンナーレの入場チケットがあれば参加できますので、是非、ご家族やお友達とお楽しみください。

詳しくはこちら https://www.singaporebiennale.org/sb2016-celebrates.php


【展示概要】

シンガポール美術館及び別館8Q

1027日(木)~226日(日)10001900 金曜日のみ2100まで開館。

入場料:大人20ドル、学生、シニア10ドル、6歳以下無料。

    この入場料に+3ドルで3日間入場券が購入できます。 詳しくはこちら

日本語ガイド:月曜日~金曜日1030~ 第3土曜日1330


[PR]

日本人小学校クレメンティ校のみなさんが博物館に来てくださいました!

1129日、30日、122日の3日間にわたり、日本人学校小学部クレメンティ校4年生のみなさんが、シンガポール国立博物館にいらっしゃいました。

f0326087_22571863.jpg


ヒストリーギャラリ―では、700年前の人々の暮らし、ラッフルズがやってきてからの発展の様子、昭南島の時代、そして戦後から今に続くシンガポールの移り変わりをご案内しました。みなさん来館を楽しみにしてくださっていたそうで、とても熱心に聞いてくださいました。メモもたくさん取られていましたので、この後のまとめ学習もばっちりですね。

f0326087_22571066.jpg


ギャラリーを出て2階に上がると、スーザン・ビクター作の8つのシャンデリアの力強い動きにびっくり。途中で優雅な動きに変わり思わず見入ってしまいました。


冬休みに親子で博物館にお越しいただいて、お子さんの話を聞きながらゆっくり過ごすのはいかがでしょうか。日本人学校のお子さんは学生証の提示で入館料が無料になります。同伴の大人の方は、1231日まではSJ50のクーポン提示で割引料金にてご覧いただけます。詳しくはこちら


1210日からはチームラボの作品が公開されます。入口は新館2階ですが、出口は・・・。通常ガイドではご案内しませんが、終了後にぜひご覧になってください。


[PR]

2016年12月24日~2017年1月3日 冬休みのお知らせ

12月に入りシンガポールもホリデーシーズンとなりました。

私どもミュージアム日本語ガイドグループも、下記の期間の冬休みをいただきます。


20161224日~201713日まで


現在各ミュージアムでは以下の曜日・時間に日本語ガイドを行っております。

年内のガイドは1223日まで、新年のガイドは14日からとなります。

みなさまのご来館をお待ちしております。



シンガポール国立博物館】 月曜~金曜10:30~ 毎月第1土曜 13:30~

美しく開放的な博物館で、日本とも深い関わりのあるシンガポールの歴史を知ろう。

特別展示:FRAC展“What is Not Visible is Not Invisible” 開催中。



【シンガポール美術館】 曜~金曜 10:30~ 毎月第3土曜 13:30~

盛り上がりを見せるアジアの現代アートを展示する美術館。歴史ある建物でアートにふれてみませんか?

本館、別館にて「シンガポールビエンナーレ2016」開催中。



【アジア文明博物館】 火曜~金曜10:30~ 毎月第2土曜 13:30~

アジアの宗教・歴史・文化を紹介する貴重な展示を通して、アジアを旅するような時間を過ごしてみませんか。

只今常設展ガイドに加え、特別展(15分程)のご案内をしております。そして、アジア文明博物館はなんと…

12月中は無料でご入館いただけます。 

この機会にぜひお運びください。

◇特別展『Port Cities~ポルトガルから日本まで~』

 開催中~2017219日まで

 1月9日(月)より特別展ガイドも始まります!



プラナカン博物館】 毎週火曜~金曜 10:30~

結婚式などの行事や食文化の紹介から、華麗かつ伝統を重んじるプラナカン文化に触れることができます。繊細で美しいビーズ刺繍や色とりどりの食器類は必見です。只今常設展に加え、特別展(15分程)のご案内をしております。

◇特別展 『ニョニャの針仕事:刺繍とビーズが彩るプラナカンの世界』

 開催中~2017326日まで






[PR]