「ほっ」と。キャンペーン

シンガポール ミュージアム 日本語ガイド

カテゴリ:シンガポール美術館( 25 )

 「子どもツアー@シンガポール・ビエンナーレ」現代アートの祭典を満喫!

2月5日と18日、シンガポール美術館にて日本語ガイドグループ主催「子どもツアー@シンガポール・ビエンナーレ」を行いました。今回の子どもツアーの対象年齢は小学3年生から6年生。両日共に2つのグループに分かれて1時間のツアー、また、並行してご希望の保護者様を対象とした大人向けツアーも行いました。

f0326087_11034204.jpg

壁一面の鏡にびっくり!そして、凝視・・・。何人の自分やお友達が見つけられたかな?

f0326087_11014415.jpg

不思議なふしぎな地図の世界。見たことある地名もそうでないものも。 ここはどこかな〜〜と、地図を見つめる眼差しは真剣そのもの。

f0326087_11022156.jpg
暗闇にたたずむ黄金のマントと船に思わずどきり。 アーティストの制作意図を聞いて神妙な顔持ちに・・・。
 
f0326087_11025969.jpg
真っ黒な森のなかで子どもたちが巡らせた想いはどのようなことだったのでしょうか。

見たまま、感じたままを楽しむのも現代アートの醍醐味。まずは見る。さらに、よーく見てみるとなにが見えてくるかな?アーティストさんはどうしてこの作品をつくったのだろう?ということも子どもたちに分かりやすく説明していきましたが、こちらの問いかけが終わる前に積極的に発言してくれる場面も沢山あり、とても嬉しかったです!

また、子どもたちの目を通してガイドをしている私たちにも新たな発見もありました。今回の子どもツアーを通して現代アートやビエンナーレ、また、ミュージアムに親しみを感じてもらえたら幸いです。
ご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました!

シンガポール・ビエンナーレは、もうすぐフィナーレを迎えます。みなさまのお越しを心よりお待ちしています!

シンガポール美術館では月曜日〜金曜日の毎日10:30、第3土曜日13:30、シンガポール・ビエンナーレの日本語ガイドを行なっております。

シンガポール・ビエンナーレの会期は2月26日(日)まで、日本語ガイドは2月24日(金)が最終となります。(※次の展示が開始されるまではシンガポール美術館での通常ガイドはお休みとなります。)

シンガポール・ビエンナーレについて詳しくはコチラ

[PR]

シンガポール・ビエンナーレ2016 ベネッセ賞受賞作品発表! 

先日、シンガポール美術館と株式会社ベネッセホールディングスは、シンガポール・ビエンナーレ2016の参加作家を対象とする「第11回ベネッセ賞」を発表しました。

この「ベネッセ賞」とは1995年、第46回ヴェネチア・ビエンナーレの一環として国際交流基金と福武学術文化振興財団(2012年より公益財団法人福武財団)が共催し、株式会社ベネッセコーポレーションの支援で続けられています。

発足20年の節目を迎えてアジアに拠点を移すことになり、今回のシンガポール・ビエンナーレにて実施されました。

その記念すべき栄えある受賞作品は・・・、


f0326087_10491464.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

タイのアーティスト、パナパン・ヨドマニー氏の「Aftaremath」に決まりました!

こちらの作品は、シンガポール美術館本館1Fから鏡の階段を上って左手にある、

2Fギャラリーに展示されています。


パナパンさんは1988年生まれの女性アーティストで、現在バンコクを活動拠点とされています。受賞にあたり、ベネッセアートサイト直島での作品制作の機会と賞金300万円が授与され、今後の活躍にも期待が高まります。おめでとうございます!


また、今回、アジアで初めてのベネッセ賞実施にあたり「福武總一郎特別賞」が特設され、こちらは、シンガポールのアーティスト、ズルキフリ・マハムード氏が受賞しました。


f0326087_10491989.jpg

写真提供:Singapore Art Museum

こちらの作品「SONICreflection」は、本館メインエントランスから入り左手の1Fギャラリーに展示されています。ズルキフリさんは1975年生まれの男性アーティストで、過去のシンガポールF1グランプリのトロフィーデザイナーとしても有名です。


今回のベネッセ賞のニュースはシンガポール国内でも話題となり、ローカル紙であるStraitstimes にも大きく掲載されました。(web版記事はこちら 20171月12日付113日付ベネッセ賞がアジアに拠点を移したことにより、アジアの現代アートがますます活発化し、注目されることでしょう。


シンガポール・ビエンナーレでは、このほかにもたくさんの魅力的な作品に出会えます。

会期は残すところあと1ヶ月ほどとなりました。

みなさまのお越しを心よりお待ちしています!


シンガポール美術館では月曜日〜金曜日の毎日10:30、第3土曜日13:30

シンガポール・ビエンナーレ日本語ガイドを行なっております。

詳しくは「コチラ


[PR]

子どもツアー @シンガポール・ビエンナーレ 参加者募集!

〜満員御礼〜
2月5日、18日の子どもツアーのお申し込みは締め切りました。

シンガポール美術館では月曜日〜金曜日の毎日10:30、第3土曜日13:30、シンガポール・ビエンナーレ日本語ガイドを行っております。


シンガポール美術館では、現代アートのお祭シンガポール・ビエンナーレが開催中です。

より多くのお子さまに現代アートを楽しんでいただこうと、お子様向けツアーを企画しました。


AN ATLAS OF MIRRORS 鏡の中のアジア」

みなさんが住んでいるアジアが今回のビエンナーレのテーマです。

小学校3-6年生対象、少人数グループでご案内する現代アートの入門編ガイドツアーです。

同じ時間帯で「保護者向けガイドツアー」も行いますので、ご家族そろってお越しください。

f0326087_16100053.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

ミュージアムの鏡の階段を登っていくと・・・


〈日時〉

201725日(日)13:30-13:20集合)→定員に達しましたので募集を締切りました。


2017218日(土)13:30-13:20集合)→定員に達しましたので募集を締切りました。


ツアーは1時間程度。各回定員12名程度。


〈対象〉

小学校3-6年生 

ご兄弟でのご参加希望などありましたら、ご相談ください。

〈参加費〉

ツアーは無料

入館料:子ども7.5ドル

保護者の方で保護者向けガイドに参加される方 20ドル(シンガポール市民または永住者の方はシンガポールのIC提示で割引があります)

〈申込方法〉

以下をご明記の上、jdmuseumguide@yahoo.co.jpまでメールでお申し込みください。

件名「ビエンナーレ子どもツアー申込」

希望日 25日(日)または 218日(土)

お子さまのお名前(フリガナ)・学年・性別

(ご兄弟やお友達でまとめてお申込みの場合は、全員分をご記入ください)

保護者の方の当日連絡の取れるお電話番号

このツアーを知ったきっかけ

子ども向けツアーと同時に行われる「保護者向けガイドツアー」ご参加の有無と人数

〈申込期限〉

ツアー参加希望日の前日までにお申し込みください。

なお、定員になり次第締め切りとさせていただきますので、早めのご予約をお待ちしています。

f0326087_16102981.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

これは恐竜!?それとも?


f0326087_16100855.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

不思議な動物もいる!?


ミュージアム日本語ガイドグループ一同、お子さまのご参加を心よりお待ちしております!

シンガポール美術館では月曜日〜金曜日の毎日10:30、第3土曜日13:30、シンガポール・ビエンナーレ日本語ガイドを行なっております。

詳しくは「こちら


[PR]

シンガポールビエンナーレ2016は、現代アートのテーマパーク!

皆さまはもう、シンガポールビエンナーレ2016を体験されましたか?58点もの現代アートがこのシンガポール美術館と別館8Qにひしめいています。日本語のタイトルは、「鏡の中のアジア」。現代アートを頼りに「鏡の中のアジア」の旅を楽しみに来てください。でも、なぜ「鏡の中のアジア」なの?それは日本語ガイドの時間にお話しますね。

f0326087_00381252.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

↑「さて、こちらがシンガポール美術館、通称SAMです。」と言わんばかりのこの指もビエンナーレの作品です。「昔々からここには巨大な彫像が埋もれている…。」と言うこの作品にまつわる物語とともに作品をお楽しみください。ここは記念撮影のベストスポット。ちょっと芝生に入っても大丈夫ですので、このアングルでお写真はいかがですか?

建物の中に入るどの壁にもどの部屋にも作品がぎっしり。螺旋階段は、行武治美の「パラコスモス」。様々な表情を映し出すこの作品は面白い写真がたくさん撮れます。

f0326087_00381282.jpg
写真提供:Singapore Art Museum

↑2階に上がると恐竜の化石が!と思いきや、こちらは神話をもとに制作されたTan Zi Haoの作品です。一体、どんな生き物、どんな神話なのでしょう。この作品の前にあるチャペルに展示されているDeng Guoyuanの作品に入ると万華鏡に飛び込んだような体験ができます。こちらはムービーでの撮影が楽しいです。

f0326087_00381332.jpg

写真提供:Singapore Art Museum

↑同じく2階フロントギャラリーにあるQiu Zhijieの作品は、今回ベネッセ財団により新設された「ベネッセ賞」にノミネートされている5点の中の1点です。大きな展示室一杯に墨絵で描かれた地図は、アーテイストが本屋さんを渡り歩いて探し出した様々な地図をもとに表現されています。この地図はそれぞれにテーマがあり、「sea of …」という形で描かれています。墨絵の濃淡、筆使いの美しさを楽しみながら、それぞれの地図の意味を解読してみてください。更に床に目を落とすと、なんと32点もの美しい吹きガラスでできた空想上の生き物たちが島の上に乗っています。先程の化石の作品の生き物もいますよ。マーライオンもいるので見つけてみてください。

f0326087_00381165.jpg
写真提供:Singapore Ar Museum

2階バックギャラリーでは、暗闇の中で金色に輝く亡霊たちにドッキリ。この作品はあるものに金メッキを施して制作されています。この材料が作品を紐解く鍵。この作品に込められたアーティストTitarubiのメッセージとは?

f0326087_00381160.jpg

写真提供:Singapore Art Museum

3階に上がるとそこはモノトーンの静かな世界。シンガポールのアーティスト、Han Sai Por は30年間に渡り、保護されずに急速に変化し続ける東南アジアの自然環境を作品に表現し続けています。

この様に今回のビエンナーレは現代アートたちが私たちに色々な体験をさせてくれます。作品やアーティストについてより理解を深めることによって感動もより大きくなりますので、ぜひ日本語ガイドにご参加ください。お待ちしております。

ビエンナーレでは、1225日(日)11001800にクリスマスイベント、129日(日)11001800にチャイニーズニューイヤーのイベントがございます。ビエンナーレの入場チケットがあれば参加できますので、是非、ご家族やお友達とお楽しみください。

詳しくはこちら https://www.singaporebiennale.org/sb2016-celebrates.php


【展示概要】

シンガポール美術館及び別館8Q

1027日(木)~226日(日)10001900 金曜日のみ2100まで開館。

入場料:大人20ドル、学生、シニア10ドル、6歳以下無料。

    この入場料に+3ドルで3日間入場券が購入できます。 詳しくはこちら

日本語ガイド:月曜日~金曜日1030~ 第3土曜日1330


[PR]

シンガポールビエンナーレ2016「鏡の中のアジア」11月7日、日本語ガイドを開始します!

f0326087_21034566.jpg

アートの祭典、シンガポールビエンナーレ2016「鏡の中のアジア」が1027日(木)よりいよいよ開幕します。今回は60を越えるアーティストの作品がシンガポール国内に展示されます。

それらの殆どが展示されるメイン会場はSAM(シンガポール アート ミュージーアム)。

日本からはガラス造形作家の行武治美さんを始めとする3人のアーティストの作品がSAMに展示されます。SAMの螺旋階段を飾る行武さんの作品は今回のビエンナーレの必見作品です。8Qに展示されている竹川宣彰さんの作品「SUGOROKU」は、さるかに合戦のお話をもとにした日本の文化漂う楽しい作品です。その他にもアジアの有名アーティストたちが勢ぞろい。https://www.singaporebiennale.org/artists.php


またSAMでは、1027日(木)から30日(日)まで、オープニングウィークエンドが開催され、アーティストトークや、パフォーマンスで盛り上がります。土曜日にはDeepavali
festival、日曜日にはアートマーケットが開催されます。

https://www.singaporebiennale.org/opening-weekend.php


チケットについては、1026日までアーリーバード割引があります。以下のサイトをご覧ください。

https://www.singaporebiennale.org/visit.php

http://booking.sistic.stixcloud.com/SisticWebApp/Booking.do?contentCode=csb2016



日本語ガイドは11月7日(月)より開始します。
月~金は10:30、第3土曜日は13:30からです。

皆さまのご参加をお待ちしております。



[PR]

「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」楽しかったよ!

82526日、日本語ガイドグループ主催のSAM夏休み子どもツアー「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」を行い、お子様方に現代アートを楽しんでいただきました。4歳から8歳のまでの混合グループでしたが、皆さんとてもお行儀がよく、自分の意見をどんどん発表してくれる活発なお子様たちでした。

f0326087_23084230.jpg

↑「本物のクジラ見たことあるよ!」「クジラに噴水が付いてる!」沢山のコメントにガイド担当は大喜び。

f0326087_23084220.jpg

↑「みんなが住む町がこんなにゴミだらけだったら息が詰まって苦しくなっちゃうよね」と言うガイドの問いかけに、汚れた海に住む海の生き物たちの気持ちに思いをはせる子どもたち。

f0326087_23084340.jpg

↑海底に住む生き物エイダちゃん、お絵かきが大好きだけど1人では動けないエイダちゃんをみんなで優しく動かしてお絵かきのお手伝いをしてあげました。空中にふんわり浮かぶ作品と一緒に遊んでお子様たちは大興奮でした。


f0326087_23084312.jpg
↑最後は海の中の巨大お魚クッションの上でリラックス。「こうやって作品の中でリラックスしていい気分になるのも現代アートの楽しさなんだよ」との解説にお子様方納得。



この様に、1つのビルの中なのに、お部屋ごとにそれぞれ別の世界を味わえるimaginariumの楽しさを存分に味わっていただきました。今回のツアーを通して、お子様方に美術館て楽しいところなんだ、また美術館に来たいなと思えるような体験をしていただき、そして海の生き物について関心を膨らませ、海を大切にしようとする心を育てるお手伝いが出来たのではないかと思います。

子どもツアー中、付き添いの方で希望された方には、通常ガイドに参加していただき、本館の展示Odysseyを楽しんでいただきました。

この
imaginariumの開催中は、他にもシンガポール内の幼稚園児、日本からの小学生をご案内する機会があり、沢山のお子様たちと現代アートを楽しむことができました。

これからも楽しいシンガポール美術館の子どもツアーを企画していきたいと思いますので、お楽しみに。


[PR]

「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」参加者募集!

「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」参加者募集!

さあ、待ちに待った夏休み!楽しい夏休み中により多くのお子さまに現代アートを楽しんでいただこうと、お子様向けツアーを企画しました!


Imaginarium」のテーマは海。お子様向けに企画された体験型の楽しい展示です。カラフルでちょっと不思議な海の生き物に触って楽しんだり、

f0326087_22010816.jpg

こんな大きな光るボールと遊んだり、

f0326087_22010882.jpg

Imaginariumの展示を通して、お子様に美術館て楽しいところなんだ、また美術館に来たいな思えるような体験をしていただきたい、そして海の生き物について関心を膨らませ、海を大切にしようとする心を育てていただきたいと考えています。

このツアーはお子様のみの参加となります。お子様のツアー中に保護者の方は本館の展示Odysseyをご紹介する通常ガイド(約1時間)に参加していただくことも出来ますので、ご家族そろってお越しください。

【当日の流れ】

1) 10:15amSAM別館8Qレセプション前に集合

2) 参加者確認、グループ分け

3) 概要説明

4) 通常ガイドに保護者様を本館にご案内

5) 子どもツアー開始(約1時間)

6) 8QFレセプション前にて保護者様と合流


〈日時〉

2016825() 10:15am11:40am

2016826() 10:15am11:40am

※各回定員12名程度。


〈場所〉

シンガポール美術館 別館8Q

8 QUEEN STREET SINGAPORE 188535


〈対象〉

幼稚園児、小学校低学年 

*保護者と離れて集団行動が出来るお子様。1人で歩けるお子様。


〈参加費〉※ツアーは無料

入館料:幼稚園児以下 無料

小学生 5ドル(日本人学校など提携している学校は、スチューデントパスの提示で無料)

保護者の方で通常ガイドに参加される方 10ドル(シンガポール市民または永住者のICを提示で無料)


〈申込方法〉

以下をご明記の上、jdmuseumguide@yahoo.co.jpまでメールでお申し込みください。

件名「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q申込

①希望日(8月25日または8月26日)

②お子さまのお名前(フリガナ)・学年・性別

(ご兄弟やお友達でまとめてお申込みの場合は、全員分をご記入ください。)

③保護者の方の当日連絡の取れるお電話番号

④このツアーを知ったきっかけ

⑤子ども向けツアーと同時に行われる「通常ガイドツアー」ご参加の有無と人数


〈申込期限〉

824日(水)5pmまでにお申し込みください。

なお、定員になり次第締め切りとさせていただきますので早めのご予約をお待ちしています。ミュージアム日本語ガイドグループ一同、お子さまのご参加を心よりお待ちしております!


シンガポール美術館では火曜日〜金曜日の毎日
10:30amより日本語ガイドを行なっております。
こちらも夏休み中のお子さまのご参加大歓迎です!
詳しくはこちら⇒ Odyssey / Imaginarium


[PR]

いろは幼稚園の保護者の皆さまがシンガポール美術館にも来て下さいました!!

718日、いろは幼稚園の保護者の皆さまがシンガポール美術館の見学にいらして下さいました。

プラナカン博物館・国立博物館・アジア文明博物館に引き続き、今回も私たち日本語ガイドグループでご案内させていただきました。これで私たち日本語ガイドグループがご案内しているミュージーアムを4館とも制覇していただきました。ありがとうございます!

f0326087_03092896.jpeg

今回のツアーは、8Qで開催されている夏休みお子様向けの展示「Imaginarium」のガイドを通して、まずは子どもの気持ちになって作品を楽しんでいただき、「また親子で美術館に来たい!」と感じていただけるような内容で企画いたしました。「家族で展示を楽しむコツ」「楽しんでいる家族を記録に残すテクニック」などの美術館を自分たちで楽しく活用する為のヒントも盛り込んでみました。

当日、いろは幼稚園のお母様方は本当に素直な子どものような心で作品を楽しんで下さいました。


f0326087_03095599.jpeg

f0326087_03102492.jpeg

以下は 当日同行してくださった先生のご感想です。

             *****************


先日、
SAMへ行ってまいりました。

現在、ARTミュージアム別館では、imaginariumover the ocean,under the seaという子供向けイベントが開催されており、様々なアーチストの海をテーマにした個性溢れる作品が展示されています。

その中から印象深かった展示物を2つ程ご紹介致します。

まずは入り口入ってすぐの展示スペース。カラフルな毛糸で編まれた色々なタコ?いか?が吊るされており床には可愛いサンゴのクッションが、触って欲しそうにあちこちに置かれていました。

どれも一つとして同じ物は無く、みんな個性があって違っていていいんだよというアーチストの思いが表現されているとのことでした。

何より触って、座って、寝転んでいいとのガイドさんのお言葉に大人の私たちも大きなクジラのクッションに寝転んで、いつもとは違う角度から作品を眺める楽しさを味わうことが出来ました。ミュージアムに行くと、触っちゃダメと、何かと規制があり、子ども連れにはストレスがある場合が多いのですが、ここはむしろ、大人も童心に帰って子どもと一緒に楽しめ、子どもさんも思う存分作品と戯れることが出来る素敵な空間でした

少し大きなお子様と是非訪れたいのは4階にある展示スペース。

部屋一面にプラスチックの容器やラベル、袋などが吊るされて身を屈めないと前に進めません。ここは海に浮かぶプラスチックゴミを表現したものでした。海に浮かぶゴミの量は、269000トン❗️床に座って見上げると、海に漂うゴミの圧迫感に絶句。悲しい現実を擬似体験し、胸が詰まる思いでした。国は違えど同じ海で繋がっている世界。世界中の子どもたちに、綺麗な自然環境を繋いでいくには、大人も子どもも一人一人の意識が大切ですね。

             *****************


いろは幼稚園の皆さま、シンガポール美術館へのご訪問ありがとうございました。

またのご来館を心よりお待ちしております!



emoticon-0157-sun.gifシンガポール美術館では夏休みにお子様向けツアーを実施します!emoticon-0157-sun.gif
  詳しくはコチラ 
↓ ↓ ↓
「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」参加者募集!!


[PR]

シンガポール美術館 新展示 Odyssey:名もなき海への誘い

シンガポール美術館の本館では、6月4日より新展示「Odyssey:名もなき海への誘い」が始まっています。
暑いシンガポールの避暑にぴったりのクールな展示です。今回は9人のアーティストたちが、海が持つ計り知れないミステリーを作品に表現しています。
f0326087_18423284.jpg


下の作品は深海に降る雪、マリンスノーが3メートルの高さのドレスに降り注ぐように映し出される作品です。
深海のように暗い部屋にほのかに光るマリンスノーの神秘的な世界をお楽しみ下さい。
f0326087_18450511.jpg


そしてこちらは機械仕掛けで動く深海魚と水中花。
シューシューという音を立てながら動く姿は美しくも不気味でもあります。
作品には作者が作った学名とダークファンタジーテイストのごく短い物語がついています。
f0326087_18454087.jpg


f0326087_18455768.jpg


遠くから見ると大きな波の風景ですが、
近づくと実はそれだけではないことに気がつきます。
f0326087_18465916.jpg
他にもミステリアスな作品が一杯。ぜひ見に来てください!


この展示はシンガポール海軍の協力を得て、海軍博物館から借り入れたものを展示しているリサーチルームを設けています。
捕鯨用のもりや鯨の脂肪を取るナイフなども展示されています。

架空と現実が入り混じる不思議な航海に一緒に出発しませんか?

なお、
Imaginariumが開催されている別館、SAM@8Qへも共通チケットでご入場いただけます。
Imaginariumのご紹介についてはこちらをご覧ください。

シンガポール美術館は、6歳以下のお子様は入館無料。
小学生・中学生は、シンガポールのステューデントパスのご提示で無料です。
(一部対象外の学校あり)


[PR]

チルドレンシーズン 「Imaginarium - Over the Ocean, Under the Sea」

昨年の夏にクイーンズストリートにある別館SAM@8Qで開催され好評を得た、子供も楽しめる展示、Imaginariumシリーズが帰って来ました。
今回行われているのは7人のアーティストによる海をテーマとした作品を集めた体験型の展示「Imaginarium - Over the Ocean, Under the Sea」です

f0326087_22101137.jpg

今年で6年目を迎える、チルドレンシーズン。
今回の「Imaginarium - Over the Ocean, Under the Sea」では

シンガポールの有名シェフで、アーティストでもあるジャニス・ウォンの、彼女ならではの素材で出来た甘~い作品や

f0326087_22120817.jpg


中に浮く巨大な物体を動かしたり
f0326087_22123397.jpg


噴水のように見えるけど、良く見ると何だか不思議な作品だったり
f0326087_22133420.jpg


他にも楽しい作品が沢山!

そして、全ての作品には、訪れた人々へ向けての「問いかけ」がセットになっています。
作品と触れ合いながら、その「問いかけ」について考える事の出来る、子供だけでなく大人も楽しめる展示となっています。
まだ見ぬ海底の世界や海の向こうの知らない世界への空想の冒険での未知なる出会いを通じ、この地球と海を守る為に何が出来るのか?を一緒に考えてみませんか。


SAM@8Qはシンガポール美術館との共通チケットで入館で来ます。
シンガポール美術館は、6歳以下のお子様は入館無料。
小学生・中学生は、シンガポールのステューデントパスのご提示で無料です。
(一部対象外の学校あり)


[PR]