シンガポール ミュージアム 日本語ガイド

「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」楽しかったよ!

82526日、日本語ガイドグループ主催のSAM夏休み子どもツアー「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」を行い、お子様方に現代アートを楽しんでいただきました。4歳から8歳のまでの混合グループでしたが、皆さんとてもお行儀がよく、自分の意見をどんどん発表してくれる活発なお子様たちでした。

f0326087_23084230.jpg

↑「本物のクジラ見たことあるよ!」「クジラに噴水が付いてる!」沢山のコメントにガイド担当は大喜び。

f0326087_23084220.jpg

↑「みんなが住む町がこんなにゴミだらけだったら息が詰まって苦しくなっちゃうよね」と言うガイドの問いかけに、汚れた海に住む海の生き物たちの気持ちに思いをはせる子どもたち。

f0326087_23084340.jpg

↑海底に住む生き物エイダちゃん、お絵かきが大好きだけど1人では動けないエイダちゃんをみんなで優しく動かしてお絵かきのお手伝いをしてあげました。空中にふんわり浮かぶ作品と一緒に遊んでお子様たちは大興奮でした。


f0326087_23084312.jpg
↑最後は海の中の巨大お魚クッションの上でリラックス。「こうやって作品の中でリラックスしていい気分になるのも現代アートの楽しさなんだよ」との解説にお子様方納得。



この様に、1つのビルの中なのに、お部屋ごとにそれぞれ別の世界を味わえるimaginariumの楽しさを存分に味わっていただきました。今回のツアーを通して、お子様方に美術館て楽しいところなんだ、また美術館に来たいなと思えるような体験をしていただき、そして海の生き物について関心を膨らませ、海を大切にしようとする心を育てるお手伝いが出来たのではないかと思います。

子どもツアー中、付き添いの方で希望された方には、通常ガイドに参加していただき、本館の展示Odysseyを楽しんでいただきました。

この
imaginariumの開催中は、他にもシンガポール内の幼稚園児、日本からの小学生をご案内する機会があり、沢山のお子様たちと現代アートを楽しむことができました。

これからも楽しいシンガポール美術館の子どもツアーを企画していきたいと思いますので、お楽しみに。


[PR]

新ミュージアム散歩

シンガポール日本人会の会報誌「南十字星」の中に、「新ミュージアム散歩」というページがあります。

f0326087_14105466.jpg

f0326087_14014262.jpg
数ヶ月に一度、その時々のミュージアムの展示や特別展について、私たちミュージアム日本語ガイドグループのメンバーが執筆させていただいています。



今月発行されました9月号では、

プラナカン博物館 特別展

「ニョニャの針仕事:刺繍とビーズが彩るプラナカンの世界」

について掲載していただいています。



本人会の会員以外の方でもWebでご覧いただけます。

(本ブログのトップページにもリンク有り)

シンガポール日本人会 ミュージアム散歩


ぜひご覧になってください。



☆お知らせ☆
9月5日 ミュージアム日本語ガイドグループ入会説明会 

⇒ ご案内はこちら


[PR]

2016年10月期 新メンバー募集のご案内 ⇒ 今期の新規募集は締め切りました。

f0326087_22113565.png

ミュージアム日本語ガイドグループ入会説明会を開催いたします!

⇒ありがとうございます。今期の募集は締め切らせていただきました。

私たちガイドグループは、シンガポール国立博物館、アジア文明博物館、シンガポール美術館、プラナカン博物館にて、日本語によるガイドを行っております。

ただいま、新規メンバーを募集しています。


生活にスパイスを!とお考えの方、ぜひ説明会にお越しください。

☆入会説明会

日時:95日(月)午前1015から (1時間半程度)

場所:シンガポール国立博物館 2階 セミナールーム

National Museum of Singapore

93 Stamford Road

※予約の必要はありません。

※説明会に出席出来ない方で入会ご希望の方には必要書類をメールにてお送りします。

☆今期の研修日程は以下の通りです。

10月3日(月)オリエンテーション

105日(水)から11月にかけて、平日午前中(週2回程度)

f0326087_22114721.jpg

アジア文明博物館の様子。たくさんのお客様がいらしています。



ご質問等、下記アドレスまでお問い合わせください。

新人担当: 杉原
jdtrainingcontact@yahoo.co.jp 

コーディネーター: 宇田川
jdcoordinator2@yahoo.co.jp 



[PR]

FM96.3 『アート&カルチャー』9月放送予定のご案内

FM96.3『アート&カルチャー』9月放送予定のご案内です。

毎週金曜日の朝、ラジオ放送されています『アート&カルチャー』をお聴きになったことはありますか?

FM96.3『アート&カルチャー』
毎週金曜日 朝8:15頃〜放送

スマートフォンのラジオアプリや、インターネット(日本語ラジオプログラムのご案内)でお聴きいただけます。

ミュージアムの最新情報や特別展示などについて、DJの仲山今日子さんとガイドメンバーが対談形式でご紹介。ミュージアムの楽しみ方、魅力をお届けしています。

〈9月の放送予定とテーマ〉

☆9月2日 

 『入会後1年経って・入会説明会のご案内』
☆9月9日、16日

『ハリラヤ・ハジ』
☆9月23日

NMS散歩』

シンガポールのカレンダーには9月12日はハリラヤ・ハジとありますが、これって何の日?…そんな疑問にアジア文明博物館のガイドがお答えします。NMS散歩では、シンガポール国立博物館のいろいろな楽しみ方をお聴きいただけます。

ラジオを聴いて、博物館へ是非足を運んでみてください。
皆様のお越しを、こころよりお待ちしております。

☆お知らせ☆
9月5日 ミュージアム日本語ガイドグループ入会説明会 

⇒ ご案内はこちら


f0326087_07453319.jpg


[PR]

「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」参加者募集!

「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」参加者募集!

さあ、待ちに待った夏休み!楽しい夏休み中により多くのお子さまに現代アートを楽しんでいただこうと、お子様向けツアーを企画しました!


Imaginarium」のテーマは海。お子様向けに企画された体験型の楽しい展示です。カラフルでちょっと不思議な海の生き物に触って楽しんだり、

f0326087_22010816.jpg

こんな大きな光るボールと遊んだり、

f0326087_22010882.jpg

Imaginariumの展示を通して、お子様に美術館て楽しいところなんだ、また美術館に来たいな思えるような体験をしていただきたい、そして海の生き物について関心を膨らませ、海を大切にしようとする心を育てていただきたいと考えています。

このツアーはお子様のみの参加となります。お子様のツアー中に保護者の方は本館の展示Odysseyをご紹介する通常ガイド(約1時間)に参加していただくことも出来ますので、ご家族そろってお越しください。

【当日の流れ】

1) 10:15amSAM別館8Qレセプション前に集合

2) 参加者確認、グループ分け

3) 概要説明

4) 通常ガイドに保護者様を本館にご案内

5) 子どもツアー開始(約1時間)

6) 8QFレセプション前にて保護者様と合流


〈日時〉

2016825() 10:15am11:40am

2016826() 10:15am11:40am

※各回定員12名程度。


〈場所〉

シンガポール美術館 別館8Q

8 QUEEN STREET SINGAPORE 188535


〈対象〉

幼稚園児、小学校低学年 

*保護者と離れて集団行動が出来るお子様。1人で歩けるお子様。


〈参加費〉※ツアーは無料

入館料:幼稚園児以下 無料

小学生 5ドル(日本人学校など提携している学校は、スチューデントパスの提示で無料)

保護者の方で通常ガイドに参加される方 10ドル(シンガポール市民または永住者のICを提示で無料)


〈申込方法〉

以下をご明記の上、jdmuseumguide@yahoo.co.jpまでメールでお申し込みください。

件名「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q申込

①希望日(8月25日または8月26日)

②お子さまのお名前(フリガナ)・学年・性別

(ご兄弟やお友達でまとめてお申込みの場合は、全員分をご記入ください。)

③保護者の方の当日連絡の取れるお電話番号

④このツアーを知ったきっかけ

⑤子ども向けツアーと同時に行われる「通常ガイドツアー」ご参加の有無と人数


〈申込期限〉

824日(水)5pmまでにお申し込みください。

なお、定員になり次第締め切りとさせていただきますので早めのご予約をお待ちしています。ミュージアム日本語ガイドグループ一同、お子さまのご参加を心よりお待ちしております!


シンガポール美術館では火曜日〜金曜日の毎日
10:30amより日本語ガイドを行なっております。
こちらも夏休み中のお子さまのご参加大歓迎です!
詳しくはこちら⇒ Odyssey / Imaginarium


[PR]

いろは幼稚園の保護者の皆さまがシンガポール美術館にも来て下さいました!!

718日、いろは幼稚園の保護者の皆さまがシンガポール美術館の見学にいらして下さいました。

プラナカン博物館・国立博物館・アジア文明博物館に引き続き、今回も私たち日本語ガイドグループでご案内させていただきました。これで私たち日本語ガイドグループがご案内しているミュージーアムを4館とも制覇していただきました。ありがとうございます!

f0326087_03092896.jpeg

今回のツアーは、8Qで開催されている夏休みお子様向けの展示「Imaginarium」のガイドを通して、まずは子どもの気持ちになって作品を楽しんでいただき、「また親子で美術館に来たい!」と感じていただけるような内容で企画いたしました。「家族で展示を楽しむコツ」「楽しんでいる家族を記録に残すテクニック」などの美術館を自分たちで楽しく活用する為のヒントも盛り込んでみました。

当日、いろは幼稚園のお母様方は本当に素直な子どものような心で作品を楽しんで下さいました。


f0326087_03095599.jpeg

f0326087_03102492.jpeg

以下は 当日同行してくださった先生のご感想です。

             *****************


先日、
SAMへ行ってまいりました。

現在、ARTミュージアム別館では、imaginariumover the ocean,under the seaという子供向けイベントが開催されており、様々なアーチストの海をテーマにした個性溢れる作品が展示されています。

その中から印象深かった展示物を2つ程ご紹介致します。

まずは入り口入ってすぐの展示スペース。カラフルな毛糸で編まれた色々なタコ?いか?が吊るされており床には可愛いサンゴのクッションが、触って欲しそうにあちこちに置かれていました。

どれも一つとして同じ物は無く、みんな個性があって違っていていいんだよというアーチストの思いが表現されているとのことでした。

何より触って、座って、寝転んでいいとのガイドさんのお言葉に大人の私たちも大きなクジラのクッションに寝転んで、いつもとは違う角度から作品を眺める楽しさを味わうことが出来ました。ミュージアムに行くと、触っちゃダメと、何かと規制があり、子ども連れにはストレスがある場合が多いのですが、ここはむしろ、大人も童心に帰って子どもと一緒に楽しめ、子どもさんも思う存分作品と戯れることが出来る素敵な空間でした

少し大きなお子様と是非訪れたいのは4階にある展示スペース。

部屋一面にプラスチックの容器やラベル、袋などが吊るされて身を屈めないと前に進めません。ここは海に浮かぶプラスチックゴミを表現したものでした。海に浮かぶゴミの量は、269000トン❗️床に座って見上げると、海に漂うゴミの圧迫感に絶句。悲しい現実を擬似体験し、胸が詰まる思いでした。国は違えど同じ海で繋がっている世界。世界中の子どもたちに、綺麗な自然環境を繋いでいくには、大人も子どもも一人一人の意識が大切ですね。

             *****************


いろは幼稚園の皆さま、シンガポール美術館へのご訪問ありがとうございました。

またのご来館を心よりお待ちしております!



emoticon-0157-sun.gifシンガポール美術館では夏休みにお子様向けツアーを実施します!emoticon-0157-sun.gif
  詳しくはコチラ 
↓ ↓ ↓
「海で遊ぼう!現代アートでわくわく子どもツアー@8Q」参加者募集!!


[PR]

日本人学校中学部の生徒のみなさんが博物館に来てくださいました!

714日と15日の2日間にわたり、日本人学校中学部1年生の生徒のみなさんが、シンガポール国立博物館とプラナカン博物館に来てくださいました。


シンガポール国立博物館のヒストリーギャラリーでは、約700年のシンガポールの歴史を紹介しました。日本占領下に起こった悲惨な出来事には、みなさん胸を痛められたようです。

しかし戦後、日本とシンガポールは友好な関係を築きました。今年外交関係樹立50周年(SJ 50)を迎えたことは、本当に感慨深いですね。

f0326087_00511833.jpg

プラナカン博物館では、プラナカンとは何か?ということから、彼らの人生で最大のイベントともいえる結婚式の様子、そして伝統的な衣装と食文化、シンガポールの発展に貢献したプラナカンなどをご紹介しました。当時のプラナカンが結婚した年齢や、結婚相手を決める方法を聞いて、お互い顔を見合わせる一幕もありました。

f0326087_00515630.jpg

今回の校外学習のテーマの一つは、『自分たちが暮らす国について知る』ということだそうです。博物館見学で、新しい発見もたくさんしていただけたと思います。


また博物館での学習のまとめとして、夏休みに新聞作りに取り組まれるそうです。どんな新聞が出来上がるのか楽しみですね!


日本人学校中学部のみなさん、ありがとうございました。


<シンガポール国立博物館>

93Stamford Road, Singapore 178897

<プラナカン博物館>
39 Armenian Street, Singapore 179941


プラナカン博物館では8月より、通常展ガイド後に、特別展「ニョニャの針仕事:刺繍とビーズが彩るプラナカンの世界」を15分程度ご案内しております。ぜひこちらも併せてお楽しみください!


[PR]